企業の安心・無災害、機械の安全・特自検(特定自主検査)

フォークリフトは労働安全衛生法により、事業者は1年以内ごとに1回、定期に有資格者による自主検査を実施しなければなりません。この定期自主検査〔年次検査〕のことを特定自主検査といいます。

≪検査事項≫
・原動機
・動力伝達装置
・走行装置
・操縦装置
・制動装置
・荷役装置
・油圧装置
・電気系統
・車体
・ヘッドガード
・バックレスト
・警報装置
・方向指示器
・燈火装置
・計器
私達の定期健康診断と同じように、フォークリフトについても1年を超えない期間ごとに1回、特定自主検査を受けましょう。

特定自主検査を実施すれば、機械の機能不良や損傷などの異常を早期に発見し、異常の箇所を補修することによって、故障などによる労働災害を未然に防止し、作業者の安全確保と機械の性能保持を図ることができます。

車検.COM